×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ハーブの育て方、植え方、ペパーミント、レモンバーム、ゼラニウム、ハーブ関連グッズ

ハーブの育て方、植え方、ハーブ関連グッズなどの紹介。ハーブは、お料理の香りづけやハーブティ、香りを楽しむポプリや入浴剤などに利用されています。



スポンサードリンク

 ペパーミントの育て方 



ペパーミント特徴はスッとした清涼感がある香りです。 スペアミント、ペパーミント、アップルミント、パイナップルミント、オーデコロンミントなど、さまざまな種類がたくさんあります。
また、ミントティーとして葉を使うことができて、お口の中を爽やかにしてくれます。
ヨーロッパでは、スペアミントが好まれていますが、日本ではペパーミントが人気が高いです。

 ペパーミントの育て方



用土

ペパーミントは半日陰においていてもよく育ち、非常に丈夫なので、特に土質を選びません。苗の出まわる時期は、春は4月から6月にかけてで、秋は9月から10月まのでその時期に植え付けを行います。

またペパーミントは生育が旺盛なので、花壇に植える場合は土中にブロックや、トタンなどで仕切りをした方がよいと思います。ペパーミントを植木鉢に植える場合は、すぐ大きくなるので大きめの鉢に植えます。

水やり

ペパーミントには土の表面が乾いたら水をタップリと与えてください。
水はけが良く、保水性のある場所を好みます。ペパーミントの場合、土が完全に乾くと枯れてしまうので、注意してください。

肥料

ペパーミントには緩効性肥料を植え付け時に与えます。
窒素の多い肥料を与えすぎるとペパーミントの風味がおちやすくなります。

 ペパーミントの収穫



葉の収穫期は3月から11月で、お花が咲く前の葉を収穫します。お花が咲き終わると葉が硬くなってしまいます。この時に茎葉をカットして風通しをよくして管理します。

ペパーミントは大変交雑しやすいため、種まきは、品質にばらつきができますのであまりおすすめできません。

挿し木か株分けで増やすことができます。

 ペパーミントの補足情報


ペパーミントの学名は 「Mentha」シソ科で多年草。和名はハッカ
ペパーミントの草丈は30センチから100センチメートル。原産地はヨーロッパです。




スポンサードリンク


スポンサードリンク

ハーブ・ガーデン
ハーブの育て方
ハーブの分類
ハーブの寄せ植え
ゼラニウムの育て方
ペパーミントの育て方
レモンバームの育て方
布引ハーブ園
 



Copyright ©  ハーブの育て方・植え方 .All Rights Reserved.